「長茎術は痛い」という口コミも参考にしよう!

リスクも頭に入れておくことが大切

一般的に長茎術は麻酔を活用し、手術後は痛み止めを服用することになるので痛いこととは無縁のように感じます。
しかし、必ずしも痛いと感じないわけではありませんし、口コミでも長茎術を受けた後痛いと感じているという声も決まれることがあります。
長茎術を受けるかどうか検討するときは、こうしたマイナスのことも考えておく必要性は高いです。
長茎術のプラスの面ばかり考えていると、マイナスのことを忘れてしまいます。
その結果、いざ痛いと感じたときに不満を持ってしまいます。
その点、長茎術は痛いという口コミも頭に入れておけば、リスクも考えて決めることができますし、それに対応するクリニックのサポートのことを聞くこともできるはずです。
医師も治療のリスクは頭に入っていますし、そのためも対処も考えてくれています。
この時の遺志とのやり取りで納得することができれば、長茎術を受ける決断をすることもできるでしょう。

切らない長茎術もある

メスを入れる長茎術の痛みが気になる場合は、切らない長茎術を検討することもできます。
これは、埋もれている部分を引き出して固定する方法で行います。
もちろん引き出すことによる痛みは感じますが、麻酔をして治療を行うので術中の痛みを感じることはありません。
こちらも同様に術後の痛みが発生した場合に備えて痛み止めの薬が処方されることが多いです。
切るわけではないので傷跡も残ることがありませんので、術後の見た目が気になるという方にも適した治療法です。
ただし、こちらもしばらく勃起時に痛みを感じるという方は口コミでも見かけるので、医師に痛みのコントロールや後遺症などについて説明をしっかり受けておく必要があります。
そして、その説明に納得できたときに選択すると良いです。
すべての治療方法に術後の痛みが生じないということはなく、個人差もあるので確定的なことは言えません。
したがって、術後のサポートも重要になります。

まとめ

口コミではいろんな方の体験談を知ることができます。
人それぞれ痛みの感じ方も異なるので、リスクはゼロではありません。
そのため、予め口コミでい痛みについてのコメントを知っておくことも大切です。
症例数が多いところや、サポートが充実しているところであれば、仮に術後に痛みや後遺症などが生じてもそのままにすることはなくきちんと対応してくれるはずです。
したがって、クリニック選びはこうした総合的な事情を基に行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。