もし長茎術の後に痛いと感じたら?

長茎術を受ける場合の痛み

長茎術を行う時に痛いと感じるタイミングはいくつかあります。
まず最初に痛いと感じるのは麻酔を打つ時であり、麻酔にもいくつかの種類があります。
痛みに弱い人は、あらかじめ伝えておいて表面的な麻酔を先に行ってもらうことが大切です。
表面の感覚が鈍くなれば、その後施術を行う箇所にピンポイントに麻酔を打っても痛みを感じません。

次に気になるのが手術中の痛みであり、これは静脈麻酔をしていれば眠っている間に完了するので心配することはありません。
局所麻酔をする場合でも長茎術を行う場所が痛いと思うようなことはないので、その点は心配しなくても大丈夫です。

長茎術の手術後に痛いと感じて、日常生活に支障を及ぼすことがないのかも気になるところです。
これはずっと続くものではなく、数日間は針でつつかれるような感覚があります。
通常時はそれほど強い痛みはありませんが、勃起をしている状態になると違和感が大きくなるため、少し注意が必要です。

長茎術の手術後の痛みを乗り切る方法

長茎術の手術後に痛いと感じたら、痛み止めを服用します。
痛み止めは長茎術を行ったクリニックで出されているはずですので、それを決められた通りに服用するのがもっとも良い対処法です。
内服薬を飲めば治まる程度の痛みであるため、この点をあまり気にする人はいません。
事前の心配事として痛みを気にしていた人でも、終わってみるとそれほど強い不快感を感じなかったと思うことがほとんどです。

痛み止めは市販されているものもありますが、クリニックで処方されたものを飲むのが一番であり、症状を緩和するのに役立ちます。
時間が経つにつれて少しずつ軽減されていくはずですが、徐々に強まっていくようなら一度クリニックに相談した方が良いかもしれません。
その場合は何らかの異変が起きている可能性もありますので、すぐに診てもらう必要があります。
早めに受診すればひどい状態にもならず、簡単な処置だけで済むことが多いので、早めが肝心です。

まとめ

長茎術で痛みを感じるタイミングは、麻酔を打つ時と手術中、手術後があります。
麻酔は表面の感覚を麻痺させるものを先に使用してもらえば、安心して使用できます。
手術中はよく麻酔が効いている状態ですので、メスを入れる場合でも痛みを感じることはありません。
静脈麻酔をしていれば、寝ている間に終わってしまいます。
手術後の痛みは回復期によくある現象であり、針でつつかれるような違和感を感じます。
これは一週間ほど続きますが、気になる場合には痛み止めを服用することも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。